自分にとってゴルフとは - NEXT LIFE|定年後の不安をリスクヘッジで元気にする専門家

自分にとってゴルフとは

2015.10.02 (金)

私の趣味はゴルフ、サックス、ガーデニングです。

目移りしやすい性格なので、新しい事を見たり聞いたりすると、それにも興味を持ってしまい、実はこれ以外にもやりたい事があります。

しかし趣味は時間とお金がかかります。従いまして、私はこの3つだけを趣味とし、残りの人生において深めていくつもりです。

ゴルフを始めたきっかけは、サラリーマンの父がゴルフ好きだったのでそれを真似したことだと思います。

私は運動神経が悪くて、いくら練習してもスコアは上達しませんでした。一方直ぐ下の弟は身体も大きく運動神経が良いので上手でした。いつも劣等感を感じながらやっていたのを思い出します。

結婚してから子供が小さい頃はほとんどゴルフはしませんでした。コースにいくのもせいぜい1年に1回くらいでした。

子供が小さい頃は、妻の実家が新潟ということもあり、スキーによく行ってました。

ゴルフを再開したのは、仕事でシンガポール赴任となった頃からです。子供も中学生と小学生高学年となり、自分の時間もとれるようになったこともゴルフ再開のきっかけです。

その後ロンドンに単身赴任となり、ここでは更にゴルフをやりました。単身赴任仲間とほとんど毎週末ゴルフをやっていました。

この時の仲間とはゴルフ以外にもホームパーティをやったりして本当に楽しい時間を過ごしました。

日本に帰国してからも、この仲間で集まってゴルフをやっています。

私とってゴルフとは、スポーツと言うよりも年代を越えて誰とでも交流できる場です。

これからもゴルフを通じて仲間と楽しい時間を作っていきたいと考えています。

何はともあれ今日も健康でいられることに感謝!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分にとってゴルフとは

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-4202-9696

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP