定年後の夢のひとつは敬老会館のストリートミュージシャンになること - NEXT LIFE|定年後の不安をリスクヘッジで元気にする専門家

定年後の夢のひとつは敬老会館のストリートミュージシャンになること

2015.05.14 (木)

私の趣味は、ゴルフ、サックス、ガーデニングです。このうちサックスは50歳のとき、品川駅で見かけたサックス・ストリートミュージシャンに感動して始めました。

私は音楽が好きですし、高校時代はフォークソングのバンドをやっていました。フォークギターの場合コード進行が重要で、コードさえ分かればギターは何とかなっていました。しかしサックスは楽譜を読む必要があります。私はこれが苦手で、サックスを始めたころはとても苦労しました。今でも苦労しています。それでもサックスを続けています。

私の音楽に対する考え方は、自分が楽しむ(enjoy)ではなく、相手を楽しませる(entertain)です。サックスは好きでやっているのですが、一方で時々発表会をやって相手を楽しませたいと言う気持ちがあるからです。お金をとれるほどにはなれないと思いますが、拍手くらいはもらえたら嬉しいです。

この相手を楽しませる、相手が喜んでいる姿を見るのが好きという考え方は、私の人生すべてに共通してます。ゴルフの幹事もやったりしていますが、これも皆さんの喜ぶ姿をみるのが嬉しいからです。

定年後の夢のひとつは「敬老会館のストリートミュージシャン」になることです。サックスを持って敬老会館で演奏し、楽しんでいただき、拍手をもらう。こんなことができたら最高に幸せです。また同年代の音楽仲間とも交流しセッションができたら人生がより楽しくなると思います。

何はともあれ今日も健康でいられることに感謝!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 定年後の夢のひとつは敬老会館のストリートミュージシャンになること

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-4202-9696

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP