ハワイでプリペイドSIMを使用する(ハワイにて)

2015.08.21 (金)

8月14日から1週間家族でハワイ旅行に行ってきました。その時のプリペイドSIMについてレポートします。日本での準備については以前のコラムを参照してください。

ハワイで使いたい機能は以下の3点でした。

1.  ハワイ島内での家族との電話、現地旅行代理店との連絡、および緊急時の日本との電話、

2.  スマホでのインターネット接続

3.  テザリング(ホテルにてPCを使ってブログを書きたい)

私のスマホは、SIMフリー端末( LG NEXUS 5)です。

これらを実現するのに、私は今回は日本でSIMが購入できて、Activation(現地での初期設定)が簡単、1週間と言う短期滞在にも対応可能なReady SIMを選びました。7日間で3,180円です。

IMG_20150810_085948

Ready SIMを使いますと、現地での通話(電話)はかけ放題、ネット接続は0.5GBまでOKです。スマホのインターネット接続OK、テザリングもOKです。

正し唯一の問題点は、国際電話が使えません。国際電話をする場合は現地で別のカードが必要になります。今回日本の親戚には、原則連絡しない、緊急時はLINEやメールで対応することにしました。

まず今回宿泊したハワイ島のホテル(Hilton Waikoloa Village)およびオアフ島ワイキキのホテル(Waikiki Parc Hotel)はどちらもWifiが完備されており、ネット接続に問題はありませんでした。さすがアメリカ!

次にReady SIMですが、結果的に接続できたのですが、Activationのやり方が、日本で聞いていた付属のマニュアルとは違っていたので、接続に時間がかかってしまいました。Activationするのに、空港でもたついたのは、ちょっとストレスでした。

しかしその後は快適に使えました。レンタカーしていたのですが、そのカーナビがイマイチだったので、それを補助するのに有効でした。

またアメリカ国内では電話かけ放題が便利でした。

データ量は最大0.5GBの契約でしたが、一週間で0.2GBくらいしか使いませんでした。

但し今回家族4人だったので、現地での通信用に、もう一台Ready SIMを使えるようにしておくともっと便利でした。一週間3,180円なら買っておくべきですね。

日本への電話も必要でした。と言うのは成田発ホノルル行きの飛行機が遅れて、乗り継ぎ便に乗れなかったのです。ホノルル空港ではキャンセル待ちとなり、キャンセルが出なければハワイ島にはいかれないと言われてしまいました。

現地のJALでは拉致があかず、日本のJALに別の携帯電話から電話して対応しました。次回はここをもう少し研究したいと思います。

最後に、改善してもらいたい点はいろいろありましたが、概ねReady SIMは良かったと思います。次回もこれを使うと思います。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ハワイでプリペイドSIMを使用する(ハワイにて)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-4202-9696

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP