定年起業とPDCAサイクル

2015.09.04 (金)

サラリーマンを長年やっていると、PDCAサイクルが身についています。

PDCAとはPlan – Do – Check – Action のことですね。

最初に計画(Plan) を立て、それに沿った実行計画を作り、その実行計画に従って実行(Do) し、その結果をレビュー(Check) し、課題や問題があれば見直して再実行(Action) するサイクルです。

私は個人事業にこれを適用しようとしていましたが、どうやらそうではないと思うようになってきました。

会社のような大きな組織では、会社の方針に沿って綿密な実行計画が立てられ進みます。多くの人間が関係してくるのでそうせざるを得ないのです。

しかし個人事業では、まず行動(Do) ありきだと思います。

もちろん計画は重要ですが、あまり綿密な計画を立ててもその通りになるか分かりません。

起業経験者のお話を聞くと、みなさん行動力があるし、考える前にまず行動する方が多いと思います。

私は起業スクールに入って半年ほどプランを練ってきました。

その中で、顧客は見つかるのだろうか、商品・サービスはどうするか、価格設定はいくらにするかを考え出してしまいました。

これを打破するために起業経験者のお話を聞いたりしました。そしてその度に商品・サービスの構成を見直してきました。まだマーケットに出していないのにです。

私が考えている商品・サービスを評価するのは、自分でも起業仲間でもなくお客様なのです。

失敗覚悟で試験的に商品・サービスをマーケットに出してみないと分からないのだと思います。

今月は忙しいので、来月から私の商品・サービスを思い切ってマーケットに出してみようと思います。

考えてから実行するのではなく、とにかく走り出してしまい走りながら考えることにします。

何はともあれ今日も健康でいられる事に感謝!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 定年起業とPDCAサイクル

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-4202-9696

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP