人生において考え方を変える瞬間がある。 - NEXT LIFE|定年後の不安をリスクヘッジで元気にする専門家

人生において考え方を変える瞬間がある。

2015.05.10 (日)

小中学時代は表向きは女の子は嫌いと言うことにしていました。本当は女の子と付き合ってみたいという憧れがありましたが、そのような気持ちは出さずに「女と男は違う、女と付き合う男はきらいだ」みたいな思い込みがありました。

ですので中学校で入ったのは野球部と柔道部でした。運動神経の悪い私は下手でした。特に野球はだめでした。それで柔道部に移籍しました。当時は荻窪警察署に柔道場があってそこにも少し通ったことがあります。運動神経の悪い私にとって苦痛でした。当時柔道部には不良がいました。私は参加しませんでしたが、他校とけんかしにいったりしていたようです。私はけんが嫌いでしたし、悪いお誘いがあると守ってくれる友達がいました。か弱い私に気をしてくれていたのでしょう。

中学の1年先輩で毎朝女の子と手をつないで学校にいく人がいました。とても羨ましかったのですが、そうとは言えず、「女と付き合う男は最低だ」と言ってました。

中学3年のとき、私はある女子を好きになりました。相手も私を好きだったと思います。毎朝家の前を通るので、毎朝ドキドキしながら目を合わせて一人興奮していました。でも一言もしゃべっていません。そして私の卒業式の日、家に帰る途中、ついに家の近くですれ違いました。今声をかけないと一生声をかけられないと言う状況です。私は思いきって声をかけようとしました。しかし名字の先頭の一文字しか出ませんでした。あ、あ、と思っているうちにすれ違ってしまい、それでおしまいでした。この事件以来、私は考えを改め、女の子と積極的に話すようになりました。人生の考え方を変える瞬間でした。

その後彼女はTVに出るようになり、偶然にも私がニューヨークに長期出張している間、彼女がニューヨークでTVキャスターをやっていて、スクリーンを通じてその活躍ぶりを見ることになりました。

何はともあれ今日も健康でいられる事に感謝!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 人生において考え方を変える瞬間がある。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-4202-9696

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP